ラベル コピーライティング の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル コピーライティング の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年7月23日日曜日

なぜ追伸が必要なのか?


関口です、

あなたに質問があります。

ブログ、セールスレターでもまずはキャッチコピーを書くと思います。

次にどこポイントとして書いていく必要があるのか?

という質問をしたとき、あなたはどこがポイントになるのか?

・書き始めなのか?

・商品の構成なのか?

・値段なのか?

・文章の内容が面白いことなのか?

など色々と考えると思います。

もし、今回紹介するルールを無視してしまうと…

一生懸命に時間をかけてせっかく4000文字を書いたとしても、
10000文字を書いたとしてもそのブログからやセールスレター
からお客さんに商品の成約をいただけない可能性があります。

最悪は全く購入なしのゼロの結果になる事があります。

たくさんの文字を書いても結果がないのはとっても悲しいと思います。

どうしたら1つでも成約に結べるのか?

8000文字や25000文字から10万円、20万円などを
収入を発生させることができるのか?

それは読み手の心理を知ることが鍵になります。

まずキャッチコピーを読むと思います。

キャッチコピーを読んで興味がないとクリックアウトされますが、
もし、興味がある状態だと次に高確率で読む場所があります。

それは、最後の部分を読む傾向があります。

バババっとウェブページなら一番下まで飛ばして「どういうものなのか?」
と把握したいという心理があるんです。

例えば、

本屋で気になる本に出会ったときにタイトルを読むと思います。

その次に「はじめ」の部分と「おわり」の部分を読んで全体を把握して
そこから買うという流れが一般的に多いと言われています。

これと同じでセールスレターでも同じことがされています。

キャッチコピーを読む→追伸まで一番下のページを読む

この流れをです。

キャッチコピーから追伸という読み手の心理を使っていくことで
セールスレターを読んで購入までに行くかが決まるんです。

具体的にどうすればいいのか?

まず、キャッチコピーを書きます。

そのあとキャッチコピーと連動している内容を追伸に書く、
本文に重要なことが書いてあるということを明かさずに
書く。

などキャッチコピーから追伸の流れを作り、
そのあとに本文を読んでもらえるように繋げる。

これ使うと読む確率が大きく上がる可能性が上がります。

キャッチコピーと追伸を書いてみる。

難しかったら本文を書いてからでもオッケーです。

ここまで読んでいただいているあなたなら読み手の心理の流れが分かっている
ので大きく外すことはないと思います。

その他にもまだまだいくつか心理の流れはありますが、
今回は追伸です。

機会があればまた読み手の心理パターン編を書いていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

一緒に頑張っていきましょう。

追伸

繰り返しになりますが、読み手の心理を理解すれば4000文字や
10000文字を書いたセールスレターから成約を上げることが可能
になります。

つまり1文字の単価が300円、500円、700円と高くなっていきます。

しかし、もし今回紹介したルールを無視した場合、その8000文字を書いたとしても
20000文字を書いたとしても10万円、20万円などの収入がゼロになる原因に

なります。

2017年5月14日日曜日

連絡先の秘密

告を送っても全く成約に結びつかない。

そんな問題があります。

成約率が低いのはお客さんの連絡先に
問題があるかもしれません。

今回のテーマは連絡先の秘密を
紹介します。

お客さんの連絡先とは?

個人情報や住所や電話番号、メールアドレス
などにあたります。

ビジネスの世界では

もし、会社が火事で焼け落ちても
連絡先さえ持っていれば、また復
活できる。


社長や経営者にとって重要なものです。

そして、このお客さんの連絡先には様々
な種類が存在します。

もし、連絡先の種類が合っていないと、
セールスレターやチラシをいくら送っ
ても永遠に売り上げが上がらないので
す。

周りは黒字で潤っているのに
売り上げが低いままになって
しまうのです。

それを解決するチェックポイントが
存在します。

数多くの連絡先にメールを送ったり
チラシを郵便ポストに入れたりしても
成約に結びつかない。

原因があります。

あるチェックポイントをチェックする
だけでゼロだったのが1、2、3、4
10、50、100と不思議と自然に
増えていくこともできます。

その前にもう少し連絡先の重要性を
紹介します。

それから連絡先の秘密を公開します。

なぜ、連絡先が重要なのか?

なぜなら、この連絡先さえ知っていれば
最初に言ったの同じで、

もし、会社が焼け野原で消滅しても
連絡先があれば、新しいことを始めること
ができます。


お客さんに「新商品をリリースする」とメッセ
ージを送ることができるのです。

いちから連絡先を苦労して集めるところは
スキップできます。

だから、すぐに売り上げをたてること
できて会社が復活するんです。

そして、また経済的な余裕を生み食べるものにも
不自由なく自由に食べたいものを選べるのです。

近くにコンビニがあったら大きな冷蔵庫
扱いできます。

すぐにビジネスに復活できる安心感も
持っているので深い睡眠ですやすや熟睡
できます。

連絡先があるか、ないかで
結果をコントロールすることが
できるのです。

そして、

この連絡先には広告を書いて送っても
売れるかどうか?

が決定されます。

分かれ道なんです。

なぜ、売れるかどうかの分かれ道なのか?

そのチェックポイントをいくつか
具体的にあなたにシェアします。

紙とペンを用意してリラックスして
読んでください。

その1 源泉

どこからその連絡先が来ているのか?

お客さんがあなたの元に来たスタート
地点はどこなのか?

で決まります。

例えば、

日本人に合う商品を作ったとしましょう。

もし、お客さんの連絡先が全員アフリカ人
だったら?











たとえ10万件の連絡先を持っていても
全員が日本語を勉強したことないアフリカ
人だったら?

全員にチラシを手に渡ったとしても
買ってくれる確率は限りなくゼロです。

だから、どこから来ているのか?

それが重要なんです。

いくら連絡先がたくさんあっても
その商品が欲しいと思っていない
お客さんの連絡先だと成約率を
上げるのは難しいです。

勉強が嫌いでゲームばかりやっている
学生に数学の参考書を買ってもらう。

ような感じです。

もしかすると、ゲームの攻略情報なら
買ってくれると思います。

話が少しズレました。

その連絡先の人はどこから来ているのか?

『数ではない』ということが分かります。

その2 オファー

どういうオファーで入ったのか?

例えば、

10万円の商品を買うときの
オプションがいくかあったと
します。

1つ目はバシッと一括払いのオプション。

2つ目は6ヶ月払いのオプション。

3つ目は120ヶ月払いのオプション。

明らかに一括払いのほうが
お客さんの真剣さが違います。

熱意の塊だと伝わって来ます。

しかし、120ヶ月払いだと…

10年ローンを組むとなると
パッションが伝わって来ません。

金銭的に苦しいけど買ってくれた
かもしれませんが。

お客さんの買ったオプションを調べて
いれば次の新商品を出すときの購入に
つながりやすいか?

目安としてわかります。

その3 払ったお金の金額

その連絡先の人たちはどういう
理由で参加したのか?

ここも重要です。

例えば、

無料で懸賞が当たる! VS 100万円を
一括払いした人

と比較したら?

明らかに100万円のお金を払って
参加したことがある人のほうが
コミットメントが違います。

真剣さが違うんです。

無料で懸賞で参加した人は
「商品を購入する。」

最初から無料でもらえるものと
考えて参加しているので、買う
確率は低いです。

区別的な表現になるんですが…

お金を払った人ほど真剣度が高い。

それは金額が減るという痛みを伴って
も買うという真剣さの違いです。

払った金額で購入する可能性も
高くなってきます。

その4 と思ったのですが。

彼女からデートの時間になって
しまったのでここでやめます。

ここまで長い文章を読んでいただき
ありがとうございました。

追伸1

重要で機密性が高いお知らせがあります。

13年以上もの業界でトップセールスを
叩き出し続ける実力の持ち主の先生の

スクールが解禁されました。

今からコピーライティングを学びたい
と考えるならここがいいと思います。

最初に日本にコピーライティングを
広めた人です。

その先生から学んでコピーライティングの
本やセミナーが氾濫しています。

私の記事を読んで勉強してもいいの
ですが、スクールに入った方が
教え方もうまいです。

何より時間を大幅に短縮できます。

業界ナンバー1の先生から
コピーライティングを教わる:

(30日間無料トライアル保証)

追伸2

忙し過ぎてコピーの勉強をする時間がないけど、
この商品が売れないで困っている。

もしかしたら、商品は良いものの
広告が弱い可能性もあります。

広告のコンサルティングのご依頼も
受けています。

興味がありましたら下のリンクをから
クリックしてアドレスにメールを送信
してください。

親身になってご相談に乗ります。


広告の相談:http://bit.ly/2nCuiO9

2017年5月10日水曜日

【コピーライティング】売れないコピーは◯◯が足りない。

売れないコピーだといくら広告費をかけても
そこから利益が発生しない。

ここのポイントが

赤字、黒字の分かれ道

だと思います。


なぜ、売れないコピーになって
しまったのか?

前回の記事ではその市場で購買をエンジョイする。

購買をエンジョイすることでお客さんの
気持ちに入れる。

ということを書きました。

それでも全く売れない。

その場合は

ある要素が抜けている可能性があります。

売れないと格好がつきません。

異性にも相手にされずにモテないです。

余裕がない生活になってしまいます。

やっぱり売れて余裕があるほど
異性も落としやすくなります。

で、

その売れるコピーにする解決法を
今回紹介します。

そしてなぜ必要なのか?

その秘密も公開します。

最後まで読み進めて下さい。

なぜ、売れないコピーに
なってしまったのか?

その前にコピーライターには

A、B、C級というランクが
あるのを知っていますか?

海外の話なのですが、C級の
コピーライターはどこにでもいる。

数万~数千人ほどです。

年収は数百万円くらいとか。

で、B級になると数百~数十人ほどライターの
数に一気に減ります。

数千万円ほど年収くらい。

A級の話に入る前に、

現実離れしている話になるので
たぶん信じてくれないかもしれ
ません。

が、

教わった話なので書いていきます。

A級コピーライターになってくると
その数は10人いかない。

と呼ばれています。

しかも、セミナーなど開催しないため
あまり表に出て来ない人たちなので、
知られていない存在の人たちです。

A級では1本のセールスレターを書いて
億単位のレベルの報酬が入る。

億単位となると結構、夢のある話です。

あまり表に出て来ないので都市伝説
みたいない話に聞こえると思います。

これが海外のコピーライターの
ランクの世界なのです。

日本では、D級はたくさんいます。

で、

結構売れてもC級レベルくらい
なのです。

日本はコピーは存在を知れ渡ったのは
本の十数年ほどで歴史が浅くまだまだ
なのです。

少し私の話を正直に話します。

私もコピーのレベルはC級です。

今はB級レベルのスクールを卒業して
B級のノウハウは持っています。

しかし、まだ使いこなせていないため
鍛錬をしている途中です。

まだまだコピーは奥が深い世界です。

人間の深層心理を使って購買に持っていく
スキルなので終わりがない世界です。

話を戻します。

それで、A、B、C級ランクを決定するには
ある要因があります。

ここに売れるコピーの秘密が隠されているんです。

文章の言い回しとかではないんです。

今から、その秘密をあなただけに話します。

紙とペンを用意して大きな字で
メモしてください。

売れないコピーの理由とは?

その最大の原因はリサーチが
圧倒的に不足している。

多くのD級コピーライターや巷の
コピーライターはリサーチが足り
ないんです。

それでも売れるかもしれません。

もっと数字が伸びるはずだった可能性を
捨てているんです。

そして、空振りで失敗する確率も
上がるので危険だと思います。

もっとも売り上げが伸びるはずだったのを
リサーチ不足のため逃してしまっているん
です。

実は、コピーライターはリサーチ家

なんです。

そのリサーチの量で売り上げの数字が
上がるのか?

下がるのか?

赤字、黒字の分かれ道

になるんです。


リサーチの量を意識するだけで売れる
コピーに近づけると可能性があります。

ここまで長い文章を読んでいただき
ありがとうございました。

追伸1

重要で機密性が高いお知らせがあります。

13年以上もの業界でトップセールスを
叩き出し続ける実力の持ち主の先生の

スクールが解禁されました。

今からコピーライティングを学びたい
と考えるならここがいいと思います。

最初に日本にコピーライティングを
広めた方です。

その先生から学んでコピーライティングの
本やセミナーが氾濫しています。

私の記事を読んで勉強してもいいの
ですが、スクールに入った方が
教え方もうまいです。

何より時間を大幅に短縮できます。

業界ナンバー1の先生から
コピーライティングを教わる:

(30日間無料トライアル保証)

追伸2

忙し過ぎてコピーの勉強をする時間がないけど、
この商品が売れないで困っている。

もしかしたら、商品は良いものの
広告が弱い可能性もあります。

広告のコンサルティングのご依頼も
受けています。

興味がありましたら下のリンクをから
クリックしてアドレスにメールを送信
してください。

親身になってご相談に乗ります。


広告の相談をする:http://bit.ly/2nCuiO9

2017年4月30日日曜日

【コピーライティング】 未完成のセールスレター

完成のセールスレターやチラシが
世の中にあるのを知っていますか?

その状態でいくら市場に広告を出して
売れない原因がそこにあるからです。

たった1つのことです

最後のポイントだと思います。

それが抜けているがため、
お客さんが広告を手にとっても
購入に繋がらないんです。


その解決法を今回紹介します。

キャッチコピーとかかな?

と思う方もいますが、

今回は違います。

盲点なのかもしれません。

まずここで簡単に説明すると
市場に入り込むことが重要に
なっていきます

もう少し具体的なアクションは
後半に話します。

で、

たくさんの広告やコピーライターが
書いているセールスレターは様々な
テクニックが使われています。

ライティングテクニックを使うのは
いいのですが…

市場にあった言葉を使っていないと
お客さんに響かない。

なので、

今回紹介する方法はライティング
テクニックではないです。

広告で重要な秘密をあなたにシェア
します。

この方法を使えば、

未完成のレターからお客さんに
響く完成されたセールスレター
になるはずです。

ライバルの業者との広告の戦いから
一人勝ちできることも可能。

なぜ、市場に入り込まないといけないのか?

なぜなら、そのお客さんの購入した感覚や
独特な体験に入り込めていないからです。

なぜ、その商品を愛用してリピートしているのか?

そこには購入した彼らにしか分からない体験が
隠されいます。

それを体験することが重要なんです。

例えば、

この前発見した商材があります。

男性のある悩みを解消する商材です。

それは早漏を治すプログラムです。

その広告には早漏を治す方法という
言葉はほとんど使われいません。

なぜなら、そのワードはお客さんが
気にしている単語だからです。

だから『持続力』というふうに
言葉を置き換えている。

市場市場に独特な言葉が
存在しているのです。

では、

一番の具体的な方法は?

どうすればいいのか?

それは紙とペンを出して大きな文字で
メモしてください。

未完成のレターを完成させる
マインドセット。

『購買をエンジョイする』

それで未完成のレターが完成します。

この考え方、マインドセットが抜けると
一生売れない広告になってしまいます。

そして、運に身を任せることになり
失敗する確率が大きいままになる
ことでしょう。

その市場の購買をする。

それを楽しむこと。

その体験をレターにはめ込むと
お客さんも『分かっているな』

と思われて購入率も上がります。

ここまで長い文章を読んでいただき

ありがとうございました。

追伸1

重要で機密性が高いお知らせがあります。

13年以上もの業界でトップセールスを
叩き出し続ける実力の持ち主の先生の

スクールが解禁されました。

今からコピーライティングを学びたい
と考えるならここがいいと思います。

最初に日本にコピーライティングを
広めた方です。

そこから学んでコピーライティングの
本やセミナーが氾濫しています。

私の記事を読んで勉強してもいいの
ですが、スクールに入った方が
教え方もうまいです。

何より時間を大幅に短縮できます。

業界ナンバー1の先生から
コピーライティングを教わる:

(30日間無料トライアル保証)

追伸2

忙し過ぎてコピーの勉強をする時間がないけど、
この商品が売れないで困っている。

もしかしたら、商品は良いものの
広告が弱い可能性もあります。

広告のコンサルティングのご依頼も
受けています。

興味がありましたら下のリンクをから
クリックしてアドレスにメールを送信
してください。

ご相談に乗ります。

広告の相談をする:http://bit.ly/2nCuiO9